MoNR info logo.jpg

2017年04月14日

メディア関連情報

現在発売中の「Meets Regional」( 2017年5月号)Meets NEW ARRIVALのコーナーにて、
MoNR 東岳志がオーナーを務めるヴィーガン食堂『山食音』の情報が掲載されています。

Meets Regional( 2017年5月号)
Meets Regional 2017年5月号.jpg

鎌倉発のアウトドアブランド『山と道』との共同経営となっており、ザックなどのアウトドア用品が購入可能です。

「山食音」
京都府 京都市 上京区 梶井町 448-13 清和ビル2F-A
12:00〜14:30 18:00〜21:00
火・水曜&不定休
facebook:https://www.facebook.com/yamashokuon  

posted by Music of New Reference at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新情報

2017年04月10日

GUILTY C. 「The Growling Wolves」

ライブ・エレクトロニクス奏者/音楽家 GUILTY C.さんの新作 「The Growling Wolves」にて、マスタリングを担当しました。「Bury #6」「Lands #2/#4」 など、どの作品も新しいです。

GUILTY C.:「The Growling Wolves
The Growling Wolves_3.JPG
「GUILTY C. 2017年のシングルEP. 北壁に立つ狼の群れが唸りをあげる、急斜滑降、土砂降りのハーシュ・グロウリング・サウンド! 10分カセットテープ作品、限定50本。」


GUILTY C.(ギルティ・シー)
theskull.jpgライブ・エレクトロニクス奏者/演奏家/音楽家。
発振器や工作品、エフェクト・ペダルなどを使用して、ドシャ降りの音の雨や、超低域の淀んだ音の波など、異常な現象を音像化させて猛烈な空間を展開する。
HP:gravity-swarm.sakura.ne.jp
Twitter:https://twitter.com/gsr56




live info
「Line in da Utopia.」
ld4.jpg
[day one]
2017/4/15 (sat) at 大阪 桜川 environment 0g open 6PM / ticket: 2000
live:NOISECONCRETE × 3chi5, BLESSED BLOOD VULVA & GUILTY C., SHAWN-D & SickBL from PSYCHO PATCH,nipponica, orhythmo

[day two]
2017/4/23 (sun) at 大阪 難波 BEARS open 6PM / ticket: 2000(当日2500)
live:和泉希洋志, Ryo Murakami, orhythmo
dj:行松陽介, 威力
pa:yori
bar:atmosphäre
*[day one]にご来場の方は[day two]を\500offでご入場いただけます。


「純雑音響昼宴」
ch56.jpg

2017/5/6 (sat) 大阪 アメリカ村 火影 HOKAGE bar space B2F
open 0PM - close 3PM / 500yen (+1drink 500yen)

orhythmo -DARKNESS URBAN BASS ATMOSPHERE
youtube.com/watch?v=SJ_5AcUhmfA

FACIALMESS -HARSH CUT UPS & LOOPS SINCE 1996
facialmess.bandcamp.com

BBVGC -THE PURE SCUMGOD
gsrjp.bandcamp.com/album/the-slow-kill-in-the-cold-2014

BEING (US) -AMPLIFIED CRASHING HARSH FROM OHIO
soundcloud.com/whiteheatnoise/sets/being

CazU-23
-EVERLASTING MOONSHIP JOURNEY
soundartworks.jp


「OUR LOVE WILL DESTROY THE WORLD (New Zealand) / GUILTY C. / 関口大和 九州 & 四国ツアー」
t1.jpg

t2.jpg
5/18(thu) 北九州 MEGAHERTZ http://www.megahertz.jp/
5/19(fri) 福岡 IAF SHOP* http://iafshop.tumblr.com/
5/20(sat) 熊本 Visual & Audio bar ANIMA https://www.facebook.com/anima.kumamoto/
5/21(sun) 松山 音溶 http://www.oto-doke.com/index.php
5/22(mon) 高松 ノイズ喫茶 iL https://www.facebook.com/NOISEiL/
5/23(tue) 徳島 bar txalaparta https://bartxalaparta.jimdo.com/
posted by Music of New Reference at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新情報

2017年01月17日

マスタリング関連

マスタリングを担当したジョー・ウェスタールンドのソロアルバム「Mojave Interlude」が、INDYWEEKの2016年 年間10ベストアルバム「THE TEN BEST LOCAL ALBUMS OF 2016」に選出されました。

Megafaunのドラマーでありコンポーザーとしても活動するジョー・ウェスタールンドですが、近年ではBon Iverの新曲「GOD」への参加や、William Tyler、Califone、TUFTなどとのコラボレーションで素晴らしいプレイを聴かせてくれています。

Bon Iver "GOD"


TUFT on Audiotree Live


2016年10月6日の「カセット ストア デイ」に合わせてのリリースということもあり、カセットテープ、24bit のハイレゾ、それぞれにアジャストされたマスタリングを行ないました。

演奏には、サックスでBon Iverのマイク・ルイスが、トランペットでトレバー・ハーゲンが参加。アディショナル・エンジニアリングに、Bon Iverのアルバムを手がけたBrian Josephがクレジットされています。
posted by Music of New Reference at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新情報

2016年11月06日

Knorth Sessions関連情報

Knorth Studios制作、MoNRがレコーディング・ミックス・マスタリングを担当した「Knorth Sessions」について、クリエイティブ・ディレクターを務めたRT VriezeがBLUGOLD RADIO 99.9 FMのインタビューを受けました。

http://blugoldradio.org/knorth-studios-debut-new-video-series/
posted by Music of New Reference at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新情報

2016年10月28日

レコーディング・ミックス・マスタリング作品のお知らせ

2016年8月12日・13日、アメリカ ウィスコンシン州 オークレアにて行われたBon Iver ジャスティン・ヴァーノン主宰のミュージック・フェスティバル「オークレアズ」。そのバックステージで行われたセッション「Knorth Sessions」の様子が先頃公開されました。

EAU CLAIRES : http://eauxclaires.com/



MegafaunのPhil Cook、Elsa Jensenがボーカルを務めるrivulareをはじめ、Little Scream、We Are The Willows、Whale House、Professor Toonなど9組のセッションが収録されています。

Knorth Sessions
制作: Knorth Studios http://knorthstudios.com/
クリエイティブ・ディレクター: RT Vrieze
レコーディング・ミックス・マスタリング: 能美 亮士 (Music of New Reference)
ビデオプロダクション・編集: Christopher Bartlett
インテリア・アート・ディレクター: Leah Monson


Little Scream - Love as a Weapon


Love as a Weapon Official Music Video


Phil Cook - Anybody Else


Anybody Else OFFICIAL AUDIO


We Are The Willows - Dear Ms. Branstner


Dear Ms. Branstner Official Music Video


Whale House - Freeway

Freeway bandcamp


rivulare - Falter, Flutter, Fly


rivulare bandcamp


Alexei Moon Casselle and Megan Gramlow - Inside the Bells



Professor Toon - Who Gon'



Kronoz Time - La Fama



Leah and Calvin - Depreston
posted by Music of New Reference at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新情報

2016年08月11日

ムジカ・ピッコリーノ 出演のおしらせ

NHK Eテレ 「ムジカ・ピッコリーノ」に以下の日程にて出演します。

番組名:NHK Eテレ 「ムジカ・ピッコリーノ」
放送日程:2016年8月12日(金) 17時35分〜17時45分
番組ホームページ:http://www4.nhk.or.jp/musica/
posted by Music of New Reference at 01:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新情報

2016年04月02日

DSD PrimeSeat関連情報

番組再配信のお知らせ

primeseat_special.png

録音・ミキシング・マスタリングを担当いたしました、
DSDハイレゾリューション・ストリーミング・プログラム
PrimeSeat DSDブンガク 『夢野久作「虫の生命」「卵」』」が、以下の日程で再配信されます。

番組名:PrimeSeat DSDブンガク
配信日時:2016年4月3日(日) 21:00 〜 21:32

朗読:konore
制作:DIRECTIONS, Inc.
演出・構成:遠竹真寛
録音:能美亮士
プロデューサー:池部博哉
企画:IIJ、DIRECTIONS, Inc.
posted by Music of New Reference at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新情報

2016年03月22日

レビュー掲載のお知らせ

マスタリングを担当したタイトルのレビューが、以下に掲載されております。
http://abser1.narod.ru/index/0-7


檜垣智也「囚われた女」(2015年 engine music)
Higaki.jpeg

松井茂 「時の声」(2016年 engine music)
Mtsui_Shigeru.jpeg
posted by Music of New Reference at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新情報

2015年08月03日

【ASA-CHANG の!! タブラボンゴ スタートワークショップ in 京都】開催

ASA-CHANG 考案の不思議な楽器「タブラボンゴ」を作って楽しむワークショップを京都にて開催!

ワタナベ楽器店京都デジタル&ドラム館にて、ミュージシャンASA-CHANGによる
新しくて不思議な楽器「タブラボンゴ」の作成・演奏ワークショップが行われます。

「タブラボンゴ」は、インドネシアの大衆音楽「ダンドゥッド」の伴奏に使われる太鼓「クンダン」を、その形や奏法などわかり易くするためにASA-CHANGが命名した楽器です。

「タブラボンゴ」の作成から奏法まで、ASA-CHANGが丁寧に指導する内容となっております。
お子さまとの参加も可能となっておりますので、夏休みをご利用の上、ぜひご来場ください。

「ASA-CHANG の!! タブラボンゴ スタートワークショップ in 京都」press release.pdf

ASA-CHANGプロフィール写真.jpg

1.イベント名
 「ASA-CHANG の!! タブラボンゴ スタートワークショップ in 京都」
  ホームページ :http://www.watanabe-mi.com/digikan/list/2108/c3160/
  プラットホーム:http://tablabongokyoto.tumblr.com/
  前回のワークショップの様子:http://www.watanabe-mi.com/digikan/list/2108/c2906/

2. 開催日時・ワークショップ内容
  ※ワークショップは、「作る日」・「叩いてみる日」の2日セットとなっております。
 
 ・2015年 8月26日(水) 15時〜 or 19時30分〜
  タブラボンゴを「作る」ワークショップです。
  ASA-CHANG完全サポートのもと、実際にタブラボンゴを参加者の皆さんの手で作って頂きます。

 ・2015年8月27日(木) 15時〜 or 19時30分〜
  タブラボンゴを「叩いてみる」ワークショップです。
  前日に作ったMyタブラボンゴを使用してのASA-CHANGのレッスンです。

3.開催場所
 ワタナベ楽器店京都デジタル&ドラム館4Fスタジオ
 〒604-0903 京都市中京区指物町326 http://www.watanabe-mi.com/digikan/

4.予約方法
 ご希望の日程の組み合わせを以下へお知らせください。
 TEL : 075-256-0238 (11:30〜19:30) MAIL : d-sales@watanabe-mi.com 担当 楠木(くすき)
 ※定員に達し次第、予告なく予約を終了させて頂きます。
 ※予約キャンセルによる払い戻しは行いませんのでご注意下さい。
 ※各回、定員に達した場合は別の時間に振り分けとなりますのでご注意下さい。

  @「 8月26日(水) 15時〜、  8月27日(木) 15時〜    参加希望」
  A「 8月26日(水) 15時〜、  8月27日(木) 19時30分〜  参加希望」
  B「 8月26日(水) 19時30分〜、8月27日(木) 15時〜     参加希望」
  C「 8月26日(水) 19時30分〜、8月27日(木) 19時30分〜  参加希望」

5.参加費用
 @1人で参加
  ¥30,000- (ワークショップ参加+楽器+テキスト)
  ※小学生以下のお子さんの参加の場合は必ず大人一人同伴でお願い致します。
  ※小学生未満のお子さんの参加も可能ですが、イベント進行に支障が出る場合は一時的に退出して頂く
   場合がありますので御了承下さい。

 Aペア参加(2名様まで)
  ¥35,000- (ワークショップ参加+楽器+テキスト×2)
  ※2名でご参加いただき、1台の楽器をシェアして頂きます。テキストは2名分ご用意致します。

  当日精算はありませんので、事前にご入金頂いた方のみのご予約制となります。
  ご入金は店頭にてお支払いいただくか銀行振込となります。

 <ご入金先>
 京都銀行京都市役所前支店 当座1303 カ)ワタナベガッキテン
 ※振込手数料はお客様のご負担となります。

6.主催
  ワタナベ楽器店 京都デジタル&ドラム館

7.ASA-CHANGプロフィール
89年に東京スカパラダイスオーケストラのパーカッション兼バンド・マスターとしてデビュー。その自ら創始した東京スカ パラダイスオーケストラがブレイクを果たすが、93年に脱退、フリーランスに。
スカパラ在籍時から、その特異なライブ・パフォーマンス、プレイは注目されていたが、独立後の数々のセッション・ワークにより、ドラマー、パーカッショニストとしてその存在を知られるようになる。
いわゆるラテン・パーカッション系だけでなくインド・アジア系から玩具類、ガラクタ、シンセ音などを散りばめ、楽曲にアプローチする彼独特のプレイスタイル を確立し、ドラマーとしても躍動感のある唯一無二のそのビートは、パワフルさと繊細さを兼ね備え、数多くのアーティストからの信望を集めている。
ポップとアバンギャルドを軽々と行き来する様々な活動は、多くの注目を集めている一方、作曲・アレンジもこなすプロデューサーとしても活躍。現在、NHK Eテレ「ムジカ・ピッコリーノ」へレギュラー出演中。

公式HP : http://www.asa-chang.com/
twitter :https://twitter.com/ASA__CHANG
facebook:https://www.facebook.com/asachangjunray
posted by Music of New Reference at 03:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新情報

2015年04月25日

出版関連情報

「ジャンル無用の音楽言論誌 アルテス」で連載中の「川崎弘二著 武満徹の電子音楽」にて、
映画「狂った果実」の音響分析をお手伝いいたしました。

「アルテス」2015年4月号 
http://magazine.artespublishing.com/backnumber/2015_04

2015-04-24 06.28.36.jpg
posted by Music of New Reference at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新情報

2015年04月06日

出版物のお知らせ

作曲家・アクースモニウム演奏家 檜垣 智也さんの2ndアルバム「囚われた女」にて、
マスタリングを担当いたしました。
http://koji.music.coocan.jp/higaki.html

以下よりお買い求めになれます。
parallaxrecords
http://parallaxrecords.jp/index.php?main_page=product_info&products_id=6082

amazon
http://www.amazon.co.jp/dp/B00TDCQ3DO/

OMEGA POINT
http://omega-point.shop-pro.jp/?pid=88404901

Discogs
http://www.discogs.com/Tomonari-Higaki-Prisonni%C3%A8re/release/6839318

関連イベント
・「映画としての音楽 アクースモニウム上映
 場所:  同志社大学 寒梅館 クローバーホール, 京都
 日時:  2015年4月21日(火) 
 開催時間:18:30開場/19:00開演
 料金:  1000円 
 アフタートーク ゲスト:七里 圭、檜垣智也  司会・進行:川崎弘二


・「檜垣智也 CD『囚われた女』発売記念トーク」 
  場所:MEDIA SHOP 
  日時:2015年4月22日(水)19時より
  入場料:500円
  お問い合せ・ご予約 ks-koji@nifty.com
posted by Music of New Reference at 05:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新情報

2014年04月29日

ワークショップのお知らせ

以下のコンサートにて、
オープンリール・レコーダーによるテープ・コラージュ・ワークショップを行います。


新開地ミュージックストリート関連企画 「実験工房 in 新開地」

日時:5月11日(日)16:00開演(15:30分開場、19:00終演予定)

【第一部】 電子音楽コンサート:関西電子音楽演奏会(1957)再現 16:00〜17:00 出演:檜垣智也
【第二部】 ピアノコンサート:実験工房の作曲家たち 出演:河合拓始
【アフタートーク】 18:30〜19:00

会場:KAVC2F・KAVCホール

料金:入場無料 ※要予約制

申し込み:KAVC(TEL 078-512-5500 FAX 078-512-5356)

出演:河合拓始(ピアニスト/即興演奏家/作曲家)、檜垣智也(作曲・アクースモニウム)、
能美亮士(音響エンジニア)、川崎弘二(電子音楽研究)


関連企画:「オープンリール・レコーダーによるテープ・コラージュ・ワークショップ - 電子音楽の作曲技法を学ぶ」

日時:5月11日(日)14:30分開演(14:00開場、15:30終了予定)

会場:KAVC 1F 1room

講師:能美亮士(音響エンジニア)、川崎弘二(電子音楽研究)

定員:20名
材料代:500円
申し込み:KAVC(TEL 078-512-5500 FAX 078-512-5356)
posted by Music of New Reference at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新情報

2014年01月24日

スコラ関連情報

「schola 坂本龍一 音楽の学校 電子音楽編」
第二回と第三回では、音色の解説にefu様 制作の
高速リアルタイム スペクトラムアナライザ「WaveSpectra Ver.1.51」および
多機能 高精度 テスト信号発生ソフト「WaveGene Ver.1.50」を使用させていただきました。

efu様ホームページ: http://www.ne.jp/asahi/fa/efu/
WaveSpectra: http://www.ne.jp/asahi/fa/efu/soft/ws/ws.html
WaveGene: http://www.ne.jp/asahi/fa/efu/soft/wg/wg.html

ご協力いただきましたefu様に、心より感謝申し上げます。

第3回再放送は、1月30日【29日深夜】(木)午前0時30分より、
第4回は、同日1月30日(木)午後11時25分より放送予定となっております。

「schola 坂本龍一 音楽の学校 」ホームページ:http://www.nhk.or.jp/schola/

schola.jpg


posted by Music of New Reference at 02:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新情報

2014年01月19日

スコラ 再放送のお知らせ

「schola 坂本龍一 音楽の学校 電子音楽編」
第2回の再放送は、1月23日【22日深夜】(木)午前0時30分より、
第3回は、同日1月23日(木)午後11時25分より放送となっております。


「schola 坂本龍一 音楽の学校」公式ホームページ
http://www.nhk.or.jp/schola/

schola.jpg
posted by Music of New Reference at 04:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新情報

2014年01月02日

スコラ関連情報

以下の番組にゲスト講師として出演いたします。

NHK Eテレ「スコラ 坂本龍一 音楽の学校 シーズン4 電子音楽編」
http://www.nhk.or.jp/schola/

放送スケジュールは、以下となっております。
http://www.nhk.or.jp/schola/schedule/index.html

放送日:2014年1月9日より毎週木曜日 23:25〜23:55
再放送:1月16日より毎週木曜日 午前0:30〜

schola.jpg
posted by Music of New Reference at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新情報

2012年05月07日

イベント追加情報

5月30日・31日に行われます、
「電子音楽作品の上演についての実践的考察 −黛敏郎作品のマスタリングを例として−」、
「篠原眞の電子音楽上演会」の内、
31日のプログラムに、篠原眞さんによるミニトークが追加されました。

http://music-reference.net/Manabu_to_Kiku.html

<<篠原眞 プロフィール>>
大阪市出身。東京芸術大学音楽学部(作曲:池内友次郎)、パリ国立高等音楽院(作 曲・音楽哲学:オリヴィエ・メシアン、理論、指揮)、フランス放送局音楽探究グループ、 ケルン国立音楽大学(作曲:ベルント・アロイス・ツィンマーマン、電子音楽:ゴットフリー ト・ミハエル・ケゥーニッヒ)、ケルン市立音楽院(作曲:カールハインツ・シュトックハウゼン)に在学。

マッギル大学音楽部(モントリオール)客員教授(1978)。パリ(フランス政府給費)、ミュンヘン(バイエルン政府給費)、ケルン(国立音楽大学給費)、ベルリン(ドイツ学術交流局助成)、ローマ(イタリア政府給費)、ニューヨーク(ロックフェラー3世財団助成)、モントリオール(カナダ芸術評議会助成)、ユトレヒト(ソノロジー研究所勤務)に滞在。

作品は器楽(洋楽器、邦楽器)(ソロ、室内楽、オーケストラ)、声楽(ソロ、合唱)、電子音楽(電子音、具体音)(テープ、ライヴ)の範囲に及び、個々の作品で奏法の開拓、雑音の融合化、空間化(スピーカー、音源移動)、視覚化(奏者移マイム、スライド)の探求を行う。

オランダ祭のテーマ作曲家(1983)。個展を国内(東京、名古屋、草津)で計7回、国外(ドイツ、オーストリア、オランダ、ポルトガル、ポーランド、アメリカ合衆国で計12回開催。国内(音楽之友社、全音楽譜出版社)、国外(ルデュック、ショット、リコルディ)より27作品出版。国内10社(カメラータ、フォンテック等)、国外(ドイツ、フランス、オランダ、スイス、デンマーク、スウェーデン、アメリカ合衆国)12 社より23 作品LP/CDに収録。


text Music of New Reference editor
posted by Music of New Reference at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新情報

2012年04月21日

イベント情報

以下のイベントに、講演および音響プロジェクションで参加します。


JCMR KYOTO vol. 7 京都芸術センター共催事業 まなぶ と きく」
http://music-reference.net/Manabu_to_Kiku.html

レクチャー/デモンストレーション
電子音楽作品の上演についての実践的考察 
−黛敏郎作品のマスタリングを例として−


■2012年5月30日(水)開始19:00 / 開場18:30
■会場 京都芸術センター講堂
■講師:能美亮士、司会:川崎弘二
■概要:JCMR KYOTO Vol. 5「黛敏郎の電子音楽全曲上演会」(2011年8月開催)にて顕在化した、
電子音楽の上演におけるさまざまな問題点についてのレクチャーとデモンストレーションです。

*京都市立芸術大学 紀要論文「電子音楽作品の上演についての実践的考察(1)黛敏郎作品のマスタリングを例として」の別刷を配布いたします。


コンサート
篠原眞の電子音楽上演会


■2012年5月31日(木)
■開始19:00 / 開場18:30
■会場 京都芸術センター講堂

■音響:Music of New Reference 能美亮士 東岳志 / フルート:江戸聖一郎

■演目
 Visions I〈幻影 I〉(1965, 4ch)
 Mémoires〈追憶〉(1966, 4ch)
 Personnage〈人物〉(1968-73, 3ch)
 Broadcasting〈ラジオ放送〉(1974, 2ch)
Passage for stereo amplified bass flute 〈移り行き〉(1980/86)
 City Visit〈都市訪問〉(1971-79, 4ch)

*書籍「篠原眞の電子音楽」(川崎弘二編著)を配布予定

チケット:5月30日 1,500円 / 5月31日 2,000円 / 2日通し券 3,000円

お問い合わせ・予約:jcmr.kyoto@gmail.com


text Music of new reference editor
posted by Music of New Reference at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新情報

2011年09月13日

ご来場、ありがとうございました。

8月28日、京都芸術センターにて行われました「黛敏郎の電子音楽 全曲上演会」、沢山のご来場ありがとうございました。

我々は音楽エンジニアリング集団ではありませんが、
過去開催したイベントより導き出した「音楽のための新しいリファレンス」をもとに、黛敏郎氏の電子音楽の再生に取り組みました。


いずれ、何かしらの形でその手法を公開できればと思います。


music of new reference 一同


深謝
JCMR KYOTO
川崎弘二
西耕一
大西 泰徳

※ 当日配布された川崎弘二氏著「黛敏郎の電子音楽」は、こちらよりお求めになれます。


上演プログラム

0 涅槃交響曲 第一楽章
1 ミュージック・コンクレートのための作品「X・Y・Z」(1953)
2 放送劇「ボクシング」 (1954)(台本構成:三島由紀夫)
3 素数の比系列による正弦波の音楽(1955)
4 素数の比系列による変調波の音楽(1955)
5 鋸歯状波と矩形波によるインヴェンション(1955)
6 七のヴァリエーション(1956)(第二部:第七ヴァリエーション)
7 電子的音響による音楽的造形「葵上」 (1957)
8 ミュージック・コンクレートのための「カンパノロジー」(1959)
9 カンパノロジー・オリンピカ(1964)
10 テープのための「三つの讃」(1965)
11 マルチ・ピアノのための「カンパノロジー」(1967)
12 電子音響と声による「まんだら」(1969)
13 日本万国博覧会のための音楽 (1970)
  a:生命の讃歌(太陽の塔)
  b:誕生誕生(みどり館)
  c:21世紀へのメッセージ(富士グループ・パビリオン)
14 「黛敏郎 リズムくん メロディーちゃん 子供音楽教室」より(1971)
  音楽を素材にしたミュージック・コンクレート
  ダイス・ファンタジー
15 世界救世教 光明神殿 御本座祭 典礼音楽(1971)
16 バレエ「THE KABUKI」より「Prologue」 (1986)
17 清水 慶彦作曲「白傘蓋陀羅尼によるインヴェンション」(2011)
  Vc.大西 泰徳
posted by Music of New Reference at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新情報

2011年08月01日

イベント情報

以下のイベントにて音響ディレクション・再生を担当いたします。

JCMR KYOTO Vol. 5 「黛敏郎の電子音楽 全曲上演会」

日時 2011年8月28日(日)

会場 京都芸術センター フリースペース

時間 第一部 開場14:00  開演14:30
    第二部 開場17:00  開演17:30
   (いずれも開演15分前プレトーク)

料金 2,000円 (前売 1,800円)

予約方法 こちらよりご予約いただけます
posted by Music of New Reference at 07:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新情報

2011年01月27日

ご来場、ありがとうございました

1月19日に行われました「オンガク + α の会」、
たくさんのご来場、誠にありがとうございました。

「音楽の力を失わないためのニューメソッドの提示」をコンセプトに行われた今回のイベントですが、
終始「音楽と音楽が奏でられる場所」の話題が中心となり、用意していた内容の一割程度しかご紹介できませんでした。

当日の様子は、「オンガク + αの会」主催の「おんぱクン」ホームページにてアーカイブされる予定です。

また、昨年11月27日、サラウンドシステム&オペレーションで参加した「パパピププPEPO自主企画 おニューな気分Vol.02」のアーカイブも打診しております。

ご記入していただいたアンケート、
何度も拝読し、皆様の音楽に対する憂いに一同深く考えさせられています。お持ち帰りいただいた資料に、問題解決の糸口がちりばめられておりますので、しばらくの間、繰り返しご覧いただければ幸いです。


music of new reference

深謝 
おんぱクン 上西幸 森本知恵
音波舎 中沢聡
毛利桂


posted by Music of New Reference at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新情報